C WORK

2019.09.17

【セミナー開催:9/26】障害者雇用×テレワークで生み出す3つの価値

2020年東京パラリンピック開催まで1年を切り、障害のある方と共に社会で生きる・暮らす・働くといった共生社会実現の機運が高まって参りました。企業が社会的責任を果たす上でも、障害者雇用の必要性が叫ばれています。

この度、C-WORKでは、障害者を雇用し、戦力化するノウハウを皆さまと共に考え、インプットする機会をつくります。

働き方改革の手法のひとつでもある「テレワーク」を活用しながら、障害者社員を戦力化し、企業になくてはならない存在に引き上げるための無料セミナーを開催いたします。


「障害者雇用×テレワークで生み出す3つの価値」
~障害者雇用で、本社の手間を軽減できるテレワークの実現の仕方とは~

時間:9月26日 木曜 16:15ー17:45
場所:C-WORK
東京都千代田区麹町2-2-4 麹町セントラルビル4F
東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅6番出口から徒歩1分
東京メトロ有楽町線 麹町駅3番出口から徒歩4分

参加費:無料
定員:30名
お申込先:https://forms.gle/vk18nuh2wqmxAzqK8

(3つの価値)
①障害者雇用の法定雇用率の達成
②テレワークによる働き方改革の実践
③障害者雇用&テレワークでコストカットの実現
→この実現のコツは、個別の職域設計にアリ!

ーーー
~ こんなことを話します ~
・障害者雇用とは
・テレワークとは
・障害者雇用の法定雇用率を達成するためだけの施策の良し悪し
・本業に寄与するテレワーク実現のコツ(カスタマイズ就業とは)
・貢献してもらえる職域設計をテレワークでも実現できる
・人選の方法、採用手段、本社の手間をなくす運用方法について
・テレワークを行うオフィス環境とっても大事
…etc

ーーー
【スピーカー】
佐々木一成
1985年生まれ。生まれつき両足と右手が不自由な身体障害者。一般社団法人プラスハンディキャップ代表理事。
障害者にとって暮らしやすい社会の実現のため、障害者雇用支援、講演・執筆などのメディア活動を実施している。
C-WORKを運営するシティコンピュータ株式会社にパラアスリートとしての支援を受け、東京パラリンピックを目指す。シッティングバレー日本代表候補。

森 康之
1983年茨城県生まれ。大学卒業後、大手人材会社を経て、主に外資系FMCGメーカー、外資系EC事業会社、IT企業をクライアントとし、事業部長級の人材紹介に従事。
2014年にノウドー 創業。障害を持つ方にむけ、主体性を育み適性を活かす働き方として、提案型就職やカスタマイズ就業の啓蒙を行っている。

お申込先:https://forms.gle/vk18nuh2wqmxAzqK8