C WORK

2018.11.27

和歌山ヒト・モノ・コト交流会を開催しました!

 

11月20日に「和歌山ヒト・モノ・コト交流会」を開催しました。

私たちC-WORKを運営するシティコンピュータ株式会社が和歌山に本拠があることもあって

 

和歌山県の企業を応援したい!
商品やサービスのPRのお手伝いがしたい!
東京と和歌山をつなぐ架け橋になりたい!

 

という想いから「和歌山ヒト・モノ・コト交流会」を開催することにしました。

 

第1回となった先日ご紹介したのは九重雑賀さま。食酢、日本酒、梅酒を醸す蔵元として有名で、特に食酢は和歌山に暮らす多くの方が愛用しているそう。そんな九重雑賀さまの雑賀俊光社長にお越しいただき、お酢のお話、お酒のお話などをたくさんお伺いしました。

 

 

実は今回、九重雑賀さまをお招きしたのは、ちょうどクラウドファンディングのプロジェクトを進めていたから。

 

木製の桶(木桶)で醸す酢は、深いコクやまろやかな味わいを愉しむことができるのですが、創業以来100年近く使っている木桶は大規模な修繕を施さなければ寿命を迎えてしまうというタイミングにあり、その修繕費用の一部をクラウドファンディングで集めています。

 

 

「和歌山ヒト・モノ・コト交流会」で実現したいことはコレだ!という想いから、このイベントを開催しました。実際、帰りがけに、参加者数名が支援するボタンを押したとか。少しでも和歌山の企業さまに貢献できたと思うと、開催してよかったなという気持ちでいっぱいです。

 

雑賀社長より、クラウドファンディングに至った経緯を伺いながら、少しだけお酒を嗜みましたが、これが絶品。県外に初めて出したという20年ものの古酒はスタッフでありながら、しれっと、たくさん飲んでしまいました(クラウドファンディングの返答品です)。

 

 

今後も「和歌山ヒト・モノ・コト交流会」は開催していきたいと考えていますし、ぜひ私たちを取り上げてほしい!という方々も大募集です。

 

次回は1月後半の開催を予定しています。詳しいことは、またご案内したいと思います。お楽しみに!

 

STAFF佐々木