C WORK

会議室のご予約
2020.01.24

【しぃちゃん講座②】知識ゼロからの起業~個人事業編~

 

石居わくお、起業の準備を始める

今日未明わくおは要町を出発し、野を越え山を越え、百四十三里離れたシラハマの市にやって来た。わくおには竹馬の友があった。いとこである。今は此のシラハマの市で、農家をしている。わくおはいとこに一切の事情を語った。いとこは無言でうなずき、野菜の写真を差し出した。友と友の間は、それでよかった。

 

わくおさん「ただいま、しいちゃん!ネット販売の件、親戚の農家もぜひやりたいとのことです!」
しいちゃん「では、さっそく次のステップに移りましょう。」
わくおさん「えっと…集金方法を考えて…」
しいちゃん「銀行口座は新しく作るんですか?」
わくおさん「えーっと…ネットに商品を載せて…」
しいちゃん「出店先はどうするか決めたんですか?」
わくおさん「えーーっと、開店資金にとりあえず5万円用意して…」
しいちゃん「ちゃんと必要金額を調べたんですか?」

 

⬇️ 話の前提がわからない方はこちらから

【しぃちゃん講座①】知識ゼロからの起業~個人事業編~

 

わくおさん「……」
しいちゃん「ええい! 無計画にも程があるでCょ!!」

 

しいちゃんの起業 一問一答

銀行口座って新しく作った方がいいの?

 

個人名義でもかまわないので、新しい口座を作りましょう。少し手間がかかっても良いという人は、屋号の入った口座を開設することもオススメです。

同銀行の複数の口座開設については、銀行によって対応が異なるので注意が必要です。すでに同じ銀行で普通預金の口座を開設していた場合、2つ目以降の口座の開設は断られる可能性があります。普通預金の口座を作ったことがない銀行で開設するのも一つの方法です。

 

解説「なぜ新しい口座が必要なの?」

わくおさん「ずっと使っている自分の銀行口座がありますし、それを使えばいいんじゃないですか?」
しいちゃん「恐ろしいことを言いますね。帳簿のことをお忘れですか…。事業用の通帳を作らないと『プライベートのお金』なのか『事業用の資金』なのか訳が分からなくなり…結果、確定申告の頃に廃人になります。(※精神的ダメージには個人差があります)」
わくおさん「ひぃぃぃ(;´Д`)絶対作ります!」

わくおさん「よし、じゃあ名義は屋号の”わくわく野菜市場”に…」
しいちゃん「残念ですが、屋号のみの名義で銀行口座を開設するのは難しいです。」

 

解説「屋号付き口座について」

しいちゃん「ほとんどの銀行は、名義が 屋号+個人名 になる『屋号付き口座』になります。」
わくおさん「僕の場合だと、名義が『ワクワクヤサイイチバ イシイワクオ』になるんですね。」
しいちゃん「そのとおり。なお、手続きをすれば、屋号付き口座に振り込んでもらう時の名義は屋号のみで可能となります。」
わくおさん「ということは…本名を明かさなくても、お客様と取り引きができるということですね!」
しいちゃん「屋号付き口座にすることで『プライバシーを確保』でき、さらにお店の名前を掲げているので『信頼度のアップ』にも繋がります。」

しいちゃん「補足事項として、
①銀行によっては対応していない場合もあるので、開設前に確認すること
②お客様がATMなどで振り込んだ場合、個人名を含めた名義が自動的に表示される可能性があること は知っておきましょう。」

 

しいちゃんの一口メモ「屋号付き口座について」

メリットが多くある屋号付き口座ですが、注意点がいくつかあります。
・多くの書類を用意する必要がある(開業届は必須)
・銀行によって必要書類が違う
・銀行によっては審査があり、口座がすぐ作れない場合がある
・屋号付き口座は個人口座の扱いとする銀行もあるので、すでに口座を作っている銀行では作れない場合がある

ルールは銀行によって違うので、窓口か電話で問い合わせると良いかと思います。

また、ゆうちょ銀行の振替口座だと屋号のみでの開設が可能です。ただし、振替口座は送金の利用に特化した口座の為、普通預金と比べると少し使いづらいかもしれません。

 

ネットで商品を売るにはどうしたらいいの?

・自社サイト
・ECモールへの出店・出品
・フリマサイトで出品 など

 

解説

しいちゃん「自社サイトは文字通り、自分で作成したサイトで商品を売ります。ECモールは、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングなどが有名ですね。」
わくおさん「わぁ…いつもお世話になってるところばかりです。」
しいちゃん「12個買ったつもりが12カートン届いたこともありましたね。」
わくおさん(なぜ しいちゃんが、僕の購入履歴…しかも失敗談を知っているのだろう…)
しいちゃん「フリマサイトは、メルカリ・ヤフオク!などがあります。」

 

どの種類のサイトで商品を売るのがベストなの?

始めはECモールがおススメです。

 

解説

しいちゃん「単発で売るならフリマサイトも便利ですが、長期的・継続的な利用には不向きな場合があります。」
わくおさん「では、自社サイトはダメなんですか?」
しいちゃん「自社サイトは集客が難しいので、ある程度 知名度が上がってから運営を始める人が多いですね。」

 

ECモールへの出店・出品はどれくらい費用がかかるの?

費用0円から可能です。

 

解説

わくおさん「でも調べていると、ECモールの出店に初期費用が100万円近くかかったという人もいますよ。」
しいちゃん「そうですね。ECモールによってはそれくらいかかるところもあります。やはりお金をかけた方が、有利な条件を得ることができ、より良い機能が使えますからね。100万円の投資には100万円…またはそれ以上の価値があるとも言えます」
わくおさん「単純に金額が安いところを選べばいいわけじゃないのか…」

 

まとめ

わくおさん「今日も知らないことがたくさんあったなぁ。思考回路はショートすn…(自主規制)」


しいちゃん「今すぐ会いたいところですが、本日はここまで!
次回は、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングのそれぞれの特徴やメリットとデメリットについての内容をお届けしたいと思います。」
わくおさん(さりげなく僕のコメントを拾っていったな。)

僕と しいちゃんの二人三脚の起業ストーリーはまだまだ始まったばかり。

To Be Continued