C WORK

会議室のご予約
2020.01.21

麹町・半蔵門エリアのおすすめランチ②「きのこカフェのお弁当」

 

昼食──それは一歩出遅れれば午後のテンションにも関わる重大行事。


欲しいお弁当が目の前で売り切れたことはありませんか?私は何度も経験しました!

本日ご紹介するのは、スタッフ高橋が何度も涙を飲んだ大人気店・きのこカフェさんのお弁当です!

早く行かないと、どんどん売り切れてしまいます。特に日替わり丼は、私が到着した時点で売り切れていることがほとんどです。いつかチキン南蛮丼をゲットできる日を夢見ております…。

 

きのこカフェ

 

高齢者施設に併設されているきのこカフェ。

お弁当販売を始めたきっかけは、高齢者施設のスタッフさんの「地域に貢献できることをしたい」という声があったからだそうです。そして、地域の健康促進の為、玄米食や野菜をたっぷり使ったお弁当を販売することになったのだとか。

なるほど。確かに私はきのこカフェさんのお弁当を食べると、体の細胞がすごく喜んでいるのを感じます!

お弁当の種類は「ミックス弁当」「魚弁当」「カレー弁当」「○○丼」の4種類で、一律税込み600円です。※18穀米(数量限定)に変更する場合はプラス50円。

どのお弁当も内容は日替わりで到着してからのお楽しみ!スープや味噌汁(100円)もあります。

ご飯は玄米です。もちぷちっとした食感と香ばしさで、おかずが無くてもぱくぱく食べ進めてしまいます。ご飯はその場でよそってくれるので、ほかほか温かいのも嬉しいです。なんと玄米は大盛り無料!

ちなみに、お弁当の販売開始は11時30分ごろなので、勝負の分かれ目は12時だと思われます。欲しいお弁当を確実に手に入れたい方は、12時前に行くのが良さげですね(`・ω・´)

 

魚弁当

 

 

この日のメインディッシュは白身魚のタルタルソースがけ。たっぷりかかったタルタルソースは、大粒の白身の食感と卵黄の濃厚な味が最高です。パン粉に包まれた白身魚は揚げずに焼いているのでおいしさはそのままカロリーオフ。

さつまいもの甘露煮は、ほくほくして甘さ控えめの味付けです。すっきりタイプのマヨネーズがからんだマカロニのサラダは、コーンたっぷりできゅうりはシャキシャキ。

赤カブは素材の味そのままのほどよい辛みがあります。写真では分かりませんが、蒸しキャベツがたくさん入っています。噛んだ瞬間バリっという驚きの歯ごたえとともにキャベツの素朴な甘さが口の中に広がります。

デザートにはみかん。乾燥した体に染み渡ります。

 

カレー弁当

 

 

カレーは野菜が細かく刻まれた中辛タイプ。レトルトのボ〇カレー中辛よりも少しピリッと辛めですので、辛いのが苦手は方はお気を付けください。

私自身は辛いのは苦手ですが、ピリッとした中に野菜の甘味が広がるという絶妙な辛さのバランスにハマって何度も食べています。

付け合わせはポテト・ひじき・練り物・ブロッコリー・蒸しキャベツ。どれも素材が生かされた、おいしくて健康的な味付けになっています。

メインのミートローフは、中身がギュッと詰まっていてミートがぎっしり。分厚くて食べ応え抜群ですが、非常にあっさりしているのでペロっと平らげてしまいました。ソースはデミグラス。ソースなしでもおいしかったです。

 

ミックス弁当

 

 

ローストチキンは皮がこんがりと焼けていて、パリッとした食感がたまりません。ジューシーなのに脂っぽくない肉厚なチキンです。

エビマヨはしっかりとした弾力があり、ぷりっとしたエビの身は震えるほどおいしいです。温野菜はカブとキャベツ。ちくわは噛んだ瞬間に出汁がじゅわっと染み出てきます。

そしてもやしとわかめのナムル。こちらは大豆もやしが使用されているため、大豆の部分はコリっと、もやしの部分はシャキシャキとした食感です。薄味で歯ごたえが良いのでパクパクと食べてしまいます。

 

まとめ

 

 

ご飯を食べる速度は人それぞれ。誰かと食べているとじっくり味わえないことはありませんか?
「たまには一人で」または「親しい人とゆっくりランチ」をしたい方は、ぜひC-WORKのコワーキングを利用していただけると幸いです。

掲載店舗:きのこカフェ様
ご協力いただきありがとうございました!