C WORK

2018.09.13

TOEIC 360点の”May I Help you”

 

 

英語の勉強が苦手で、リスニングは特に苦手。

英字新聞を読んでも、タイトルが分かるかなという程度。

私のTOEICの点数は360点ぐらいです。

 

でも、海外のひとが、道に迷っていると、

”May I help you?”

と尋ねてしまう。そう、道案内しちゃうのです。

 

先日も、南北線に乗っていて、目黒駅を出たあたりで、

スマホを持った、おそらく旅行者であろう3人家族が戸惑っているのを見たとき、

“May I help you?”

と聞いちゃいました。

 

“Yes, we want to go to Roppongi.”

“Oh, this train around for Yokohama! You must get out and go back.”

 

私は手帳を開いて、南北線を見つけ、

この電車が横浜方面に向かっていることを伝えました。

反対側の電車に乗ってくださいと。

 

“You should go to Shirogane Takanawa,

And at there, You take Nanboku-Sen,

Next, You get out train at Asabujyuban.

And Most Simple way, you can go to Roppongi by walk from there.”

 

“Oh, thank you! ”

 

なんとか伝わったようです。

 

文法がむちゃくちゃなところもあると思いますが

とりあえず乗る路線と降りる駅を伝えることができれば

道に迷ってしまった海外の方を送ることはできます。

 

相手もココは日本だと分かっているので

流暢な英語が出来る人を求めているのではなく

道が分かる人、教えてくれる人を探しているだけなので

TOEICの点数がぁぁぁぁぁ〜とかは、気にしなくて大丈夫です。

 

“May I help you?”というひと声をかけられる自分でありたいなと思います。

これはC-WORKの仕事にもつながるところですね。

 

STAFF大谷