C WORK

2018.04.20

経営者の悩みを解決する 実戦に役立つセミナー 2018/5/10

 

 

SNSの発達、クラウドサービスの導入、AIの進化など、数年前には思いもよらなかった技術が次々と当たり前のものとなり、企業の経営戦略において検討すべき事項になってきました。
 

今、企業経営に求められていることは「変化対応力」。急速な社会変革の中で、企業はどのように舵を取らなくてはならないのか。ブレてはならない経営の本質とは何なのか。変えるべきところ、変えずにいるべきところを見極める力が、経営者には求められています。
 

顧客、従業員それぞれのニーズに応えるための経営力向上のヒントをマーケティングのプロ・労務法務のプロからそれぞれ学びます。
   

『経営者の悩みを解決する 実戦に役立つセミナー』
 

●開催日時
5月10日(木)13:30~17:15
 

●開催場所
C-WORK(シー・ワーク)
https://cwork-cck.jp/access/

〒102-0083 東京都千代田区麹町2-2-4 麹町セントラルビル4F
・東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」6番出口から徒歩 約1分
・東京メトロ有楽町線「麹町駅」3番出口から徒歩 約4分
 

●当日のタイムスケジュール

第1部:ドラッカーに学ぶ、乱気流時代のマネジメントとは?(13:35−15:05)

ー急激な変化に適応し、機会を捉え、自らの組織の存続を確実にするー 世の中の変化が激しい中、私たち経営者はどのように舵取りをしていけばいいのか?本セミナーでは、転換期において大切なテーマである「マーケティング」と「イノベーション」の基本と原則を中心にお話をいたします。

第2部:知らなかったでは済まされない!労働問題の落とし穴とその対応策(15:15−16:45)

働き方改革のなか従業員の意識も変わってきています。使用者として、どこに労務トラブルの原因が潜んでいるかを押さえたうえで、適切に対応する必要があります。今回は、使用者側労務専門弁護士として、多数のクライアント企業の労務サポートを行っている杜若経営法律事務所の岸田弁護士が、これまでの経験をもとに実例を交えて解説します。
 

●参加費
6000円(4月末までの申し込み:5000円)
 

●講師
(第1部)ドラッカーに学ぶ、乱気流時代のマネジメントとは?(13:35−15:05)
中平 次郎 氏 株式会社ASC 代表取締役

和歌山県出身、専修大学卒業。州立ワシントン大学留学を経て、UPSジャパン(株)へ入社。SAPジャパン(株)へ転職後、2013 年に独立し、(株)ASC を設立。組織行動診断、企業顧問サービスを提供し、組織の成長基盤を築き、企業価値を高めていく支援とドラッカーのセミナーや講演を行っている。

(第2部)知らなかったでは済まされない!労働問題の落とし穴とその対応策(15:15−16:45)

岸田 鑑彦 氏 杜若(かきつばた)経営法律事務所

慶應義塾大学法学部法律学科卒業、明治大学法科大学院修了。訴訟、労働審判、労働委員会等あらゆる労働事件の使用者側の代理を務めるとともに、労働組合対応として数多くの団体交渉に立ち会う。企業法務担当者向け、社会保険労務士向けの研修、セミナー講師を多数務める。

●お申し込み
info@cwork-cck.jpまでお問い合わせください。